さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 国語の乱れは心の乱れ | main | のりつっこみ >>

錦糸町から来ました

ミッチーが恒例のお酒イベント参加(今回は総合司会なんだって)のため、土曜日全休。したがってワン本当に久しぶりの通し勤務確定。
前日から体調を整えておかねばなるまいと心していたら、金曜夜、家飲み発泡酒1リットルとシャンパン1本で撃沈。目が覚めたらベッドの上でうつぶせ、両手をピンと伸ばした姿勢で失神していた。窒息死未遂。花と蛇の夢を見ていたのかもしれん。
時刻は午前3時を大きく回っていたけれど、お店に顔を出さなくちゃと起きだす。
千鳥足でたどり着いてみれば、ヨッシーが道路から店の中を覗きこんでいる。
照明の具合をミッちゃんと調整していたそうだ。最強A型コンビであることをあらためて思い知らされる。お二人ともA型ではない(ミッちゃんについては推測)ところがまた凄い。意思の力でBlood type-Aにしているんだろうな、お仕事中は。
--
師匠のBlogから目が離せない。
納車されたばかりのハーレーを駆り、いきなり四国まで走り出したワケである。そして道中の写真とコメントを数時間おきにアップしているのだけれど、これがすげえ面白い(右下のリンクから飛べます)。
ノッケから雨であり、ハーレーしかもゴリゴリの改造車であるからして、トラブルがおきないはずがない。ボルトは次々に落ち飛び、欠落した部分をガムテで仮固定して師匠の旅は続く。これ、普通に考えるとなかなかにものすごいことなのだ。だってさ、家の頭金くらいする(推測)新品買いました、だよ、で、さあ使い始めました、で、いきなりガムテが必要になるんだよ。別にマフラーでご飯炊いて喰ってみるかとかさ、変わった使いかたをしたわけでもなんでもなく、本来の目的<乗っかって道を走る>これだけでガムテ。怒るでしょ嘆くでしょ昨今の日本人ならば。でもね、師匠はじめハーレーさん達は違う。ぜんぜん想定内。当然じゃんハーレーだから。だもん。すげえ世界だよ。売り手も買い手も。尊敬に値します。
でね、旅の序盤は、ボルト落ちた・マフラー焼けたってマシン関係のお話が多いのだけれど、時間経過とともに師匠ご自身が疲弊していく様子が顕著に。
明石焼きの写真なんて、ブレブレだもの。これ、マシンの上から撮ったワケじゃないと思うんだよね。もう長時間ツキアゲの激しいマシンにまたがり過ぎて、揺られている状態が普通になっちゃったんだきっと。だから、安定した地面に立つと自分が揺れちゃう。ああ、師匠に会いたいな。きっとカウンターの中で変則三拍子で揺れてるんだしばらくの間は。両手も、なんかハンドルを握る感じにやんわりと丸められていたり。
無事帰ってきてね師匠。
――
土曜日の通し勤務終了!
ミッちゃんが遅番でヘルプに入ってくれたからよかったものの、一人だったら泣いてたね、いやマジで。身体なまってます。心もなまってます。
気合は入っていたんだ、さあ出勤のお仕度しましょってまでは。
スーツ着て、髪セットして・・・・あれ、なんか変だ。長時間維持できる髪型にしようと考えたのがいけなかったのだろう。出来上がり、鏡の中にいるのは、どうひいき目に見ても10年前の錦糸町から時空を超えて来たスケコマシ(学名:ニッポニア・錦糸コマシ・アナクロフォビア)。
この時点で心がかなり萎えた、いや折れた。
修正している時間もないので、そのまま出勤。そしてこんな日に限って、忙しい。しかも女性の一見様が多い。なんてこった、みんな怯えてるじゃねえかよ、恐怖とかとはまた違った意味あいでよ。
深夜、K-na(改めHida-rida)、SIKさん、M記者らと雑誌ニキータ解析を行ないつつ(しかし艶女・艶雄ってすげえセンスだ。乳間なんたらってのもすごい)。ジローラモへの道のりは果てしなく遠いと実感。死んでも行かないけどそっちには。
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

無事のご帰還を心よりお祝い申し上げます。
>数千台のハーレーの中でも拙だけだった
うはあ・・・そのポジション取りは、さすが師匠だなと。
伝説作りましたね、またしても。
これを機会に、オフィシャル(ハーレーのロゴ入り)ガムテ
とか発売すれば良いのに>ハーレー社。
wang | 2005/10/14 1:47 PM
ブログでの応援ありがとうございますです。
ガムテぐるぐるは、数千台のハーレーの中でも拙だけだった事は内緒です。
さらに、関東以北のナンバーで気合のリジットで自走も見たところ拙だけでした。
しかも、馴らしも兼ねてる事も併せて考えると…
自分のお馬鹿ぶりに改めて、笑ってしまいます。
風 | 2005/10/14 4:49 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック