さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夢の形と道標とマイルストン | main | おきびむらし二連 >>

放出し燃焼し炭化(おきびむらし)

唄ってきた。
弾きもした(西郷どん)。
燃え尽きもした、網の上に放置されたカルビなみに。

livekuma
ご列席賜りました皆様、心より御礼申し上げます。
さらなる研鑽を積んで参りますので、また来週お目にかかりましょうです。
ボリショイ動物を眺める視線とあまり差異のない視線、拍手、とても暖こうございました。うわ、ママ、ママ、あの熊ピアノ弾いてるよ的な。

検討に検討を重ね、15曲用意していったわけです。
1ステージに4曲だから、その3回分。そして予備3曲という勘定で。
0:30過ぎからおっ始めたワケです。
たどたどと時は流れ、無事(自社基準)4曲終了。
お客様がお帰りになられ(私のせいではないと信じたいが自信ない)、身内な
空気になったので、お、この隙に練習してしまえとそのまま2ステ用の曲をおさらい。
構想的に、1ステはインストのみ。2ステがインスト+唄。3ステが唄のみ。
で、あったので、おさらいには唄も含まれるわけです。つまりガンガン唄っておったわけです。
一昨日に仕込んだかいあり、マイクの調子も非常に良い。調子くれて3ステ目用の曲もさらってしまえ・・・これが誤りでござんした。
3ステ用のレパートリー終了まぎわ、奥の間からお客様をお連れになった師匠ご登場。
ワ:「う・・・うるさかったですか?ひい、ごめんなさい」
師:「いや、聞きに来た」
お:「うん、聞きに来た」
ワ:「・・・・」(えと、でも、もう曲ないし、疲れたし)
はい。やりましたそこからもう1周。
きっちり2周聞かされたふじくんつらかったと思います。
師匠、さぞや不安だったと思います。

燃え尽きました。
「ひいひい、こ、こんな感じです。以上です、ありがとうございました」
皆様にお礼申し上げると、
師:「うん。明日もやろうかね」
うーげ。お気持ちはうれしいです涙が出そうなほど。練習したかいも、ありました。報われましたそのお言葉で。
でもす、師匠、ガチ2連戦はキツイす。
よく寝て、ノド潰れてなくて、心が折れてなかったら、改めてご相談させて頂きたく。明日ご連絡差し上げます。



- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

楽勝!・・と思いたいです(自社基準)。
To42(トゥ・フォーツー)という曲を今思いつきました。後厄の悲哀を描いた曲です。間に合えば作ってみます。
wang | 2006/04/02 2:13 AM
Tea for twoやってくれたら聴きに行きます
H | 2006/04/01 11:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック