さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 間に合うのか。 | main | ダミ声で裏声 >>

お留守番ハニー

開店時間がちょい遅くなったものの、無事お留守番ミッションには間に合った。
メッセージ
プレイヤーの上にお師匠様からの<留守番心得>を記した手紙と
<栄養ドリンク>を発見。やさしさにむせび泣く。


日曜なのに、お客様切れ目なし。
留守番なのに、オーダーやリクエストはいつもどおりに降り注ぐ。
がんばった。

王子様、ありがとうございました!!
久々にカウンターの内外でお話できて、楽しかったです。
ふかちんご夫妻。リクエスト、しびれました!
かおりっちご夫妻。何度もFKかけてごめんなさい。
M記者様。店員の方が酔っ払っていてごめんなさい。
お名前をうかがえなかった皆様にも感謝感謝です。
また飲みましょうぜ!騒ぎましょうぜ!

待機中。
出動待機中のお師匠様ドリンクの図。
午前1時をもち、完飲。
ほぼ同時に私も離陸せり。

>お師匠様 包丁を真っ二つに折ってしまいました。すみません。
 包丁が無いので、ライムをチギって使っていたら、ライムも無くなりました。
 すみません。
 ライムは手でチギりにくいことを発見しました。
 来週もよろしくお願い申し上げます。



- | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mikiya-kagurazaka.com/trackback/630564
この記事に対するトラックバック
夫婦共元教員の入江勝さん(64)重野さん(59)は、5年の準備期間をかけて田舎暮らしの情報収集や現地視察を行い、2003年に埼玉県坂戸市から長野県北部の木島平村にログハウスを建てて移住。アスパラガスの栽培を中心に自給生活を目指しておられます。移住を決意させた大
元教員夫婦が5年準備で長野県田舎暮らし:アスパラガス栽培:ログハウス | 田舎暮らし@最新情報【田舎暮らし情報満載】 | 2007/04/10 12:55 PM