さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 唄ってきました | main | 始まる予感がした >>

余波

やばい。日曜日の余熱で、もろもろが手につかないや。
後ひくなあ、不思議なバレッツ。
エイヤと手をつけたところで、後日やり直しになること確実なので、
さしあたり呆けていることにする。
そうだ!Liveで8年ぶりくらいに再会を果たしたHさんからお借りしたディスクを開けてみようと思いつく。
「そういえば、江戸川乱歩は好きだったかね?」と、やや唐突な質問を頂戴し、
「え?・・・・はい、もちろんです」と、脊髄反射的にお答えしたら、
「じゃ、これを。会場にくれば好き者がいるかなと思って持ってきたんだよ」
という謎含みなやりとりの後、手渡されたディスクだ。
よもや暴走爆発することはあるまいと信じ、PCに飲み込ませてみる。
・・・・・。
・・・・。
・・・。
スんゲえものが立ち上がっちゃった。
そのまんまスんゲえ99分間を過ごしちゃってまった。
かっこよすぎる。
のっけから暗黒舞踏の始祖 土方巽様である。
登場時からすでに常人の眼ではない。

なんつう世界だ。
その土方様が大変に重要な役回りを演じている、テリー石井監督の、、、そう、あの、有名なとこではものごっつ有名な、だがしかし実際に観た人は少ないという、バチヘビタイプの映画でした。
日本のテレビで放映することはおろか、ビデオ化もDVD化も不可能といわれていた、69年公開のあれです。
放送禁止用語連発。放送禁止映像多発。
大昔、池袋のあそこで観て、背骨が抜けた記憶があります。
そして新たに観終わった今、またしてもとてつもない脱力感と昂揚感に襲われております。。相反する「感」でありますが、この映画を観ると、大半の方はこういった症状にみまわれると思われます。
Hさんに再会=この映画に再会。ああ、なんてロマンチックな図式。
海外でDVD化されたものが逆輸入され、それをHさんが入手されたのでありましょう。さすがマニア。ホラーの大家Hさん面目躍如であります。
リマスタリングされたものらしく、往年のスクリーンに投影されていた退色した感じはありません。色、とってもきれいでした。

もうワンピースやら振袖やらを着用し、クネクネと動き、岸壁で踊り、おまけに演技までしてしまう土方様に釘づけ。推測ですが、リングイネ貞子の始祖であるとも思われます。
そして<完>マークが出る2分前の絶頂感たるや脱力感たるや。
Hさんから許可を頂戴することが前提ですが、個人鑑賞目的に限り興味おありの方にはお貸し出しさせて頂こうかと。明日、お店(0)に持っていきます。
この脱背骨テイストを分かち合えれば嬉しいなと。

いやあHさん、堪能させて頂きました。ありがとうございました。
しばらく眠れそうにありません。

- | permalink | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

そうですそうです!!
包帯パンツ一丁でモゴモゴしてるのが正臣氏みたいです。
どんな世界も若手って、大変ですね。
柔道一直線の直前くらいの仕事でしょうか。

wang | 2007/12/18 2:27 PM
正臣君探しました。おそらくシャム君かつ背骨曲がってる人かと・・・。違うかな?
予告編も観れますね。結構長くて底抜けです。ネタばれ(?)注意なので本編鑑賞後がよろしいと思います。
n | 2007/12/18 2:09 PM
こば様 了解す!!
N先生(完了)⇒Ftin⇒画伯⇒はやとさん⇒こばさん
という流れにて。
語る会がとっても楽しみになってきました。
内容的にも季節的にも根性試し的にも、
蟹鍋・・・いや、それはいかんいかん。

wang | 2007/12/17 12:30 PM
僕も見たいっす!!宜しくお願い致します。
こばこば | 2007/12/17 11:06 AM
n先生、背骨抜けずに曲がりましたか。あはは。
これ、やっつけは全然無くて、狙ってるような気がして仕方ないんですよねえ。芝居はもちろん、コマ落ちとか細部の演出に至るまで。
黒澤の対極にあると称されていたのも、なんとなく頷いてしま・・・いや、首ねっこ押さえられて力づくで頷かされてしまうような。
では、ディスク水曜日ということでひとつ。
観覧が一巡したら、これについて語る会を催したいと考えております。
近藤正臣が出ていたの、気がつきましたか?
wang | 2007/12/16 5:41 PM
皆さん、お先にスイマセン。
すごいっす。やばいっす。確かに背骨まがります。そしてしばらく蟹が食べれません。
暗黒舞踊から唐突に普通の会話という見事なカット割!ただのやっつけなのか、計算なのか、幻惑されます。

水曜日までには、お返ししますので、しばしお待ちください。
n | 2007/12/16 2:31 PM
はやと様 了解す!
N先生⇒Ftin⇒画伯⇒はやとさん という
段取りをば。
あと、11巻以降もお持ちしときます!
wang | 2007/12/15 3:31 PM
漫画まで借りてずずしいですが見たいです。お借りした漫画2日で読んでしまいました。お返しにあがります。
はやと | 2007/12/15 1:13 PM
了解す、画伯!
感想をお聞きするのが、今から楽しみになってきました。
しばしお待ちくださいませ。
wang | 2007/12/13 10:55 PM
好きな言葉は「不毛・不条理・最近見えないものが見えてきました」なので大丈夫です。楽しみにしています。
画伯 | 2007/12/13 10:11 PM
オオ!!画伯様 昨夜はありがとうございました!
そうですか、画伯も背骨抜けますか。
ではN先生⇒Ftin⇒画伯という流れにて段取らせて頂きます。
あの、ちょっと不安がよぎったのですが、この映画あれですよ、名作というより奇作珍作の類に入るものでして、決して万人受けはしないです。芸術的でもないです(たぶん)。シナリオは完璧に破綻してるし、設定はおかしいし、演技はヤバいし・・・真面目な方は、怒ってしまうかもしれません。
<けれんみ><みょうちきりん><グラインドハウス系映画>とかそういうのが好きな方が「え?なんで今それ?」「え?なんで今そこ?」って言いながらゲラゲラ笑って見る。という形が正しいかと思われるのです。
・・・・大丈夫でしょうか。
もちろん私は大好きですが。

覚悟しつつディスクの到着をしばしお待ちくださいませ!
wang | 2007/12/13 8:09 PM
アタシにも貸してください。素敵すぎ。
画伯 | 2007/12/13 6:09 PM
ftin様
おお!背骨抜けますか、そうですか。
現在、N先生が背骨抜け中であります。
N先生が視聴終了しだい、お渡しさせて頂きます。しばし。
wang | 2007/12/13 4:47 PM
貸してください。
ftin | 2007/12/12 9:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mikiya-kagurazaka.com/trackback/704492
この記事に対するトラックバック