さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベラルゴシさん、大騒ぎっす。 | main | 劇団、、いやサーカス団か。遠征編。 >>

まだ見ぬ村長に恋をしてみる

昨夜、『とどほっけ村』という村の存在を知る。
すごいな、北海道。
行ってみたい所リストに迷わず加える。
ご出身の方と、ぜひともお知り合いになりたい。
会議中、ノートの片隅に村長さんのイメージ画を
描いてみたりもする。一人ニヤつく夏の午後。
頭からとどの牙付き毛皮をかぶっているパターンと、
さかな君さん式の帽子をかぶっているパターンが、
私の中で同率首位。
もちろんどちらもたくましく美形な海賊的たたずまい。
「とどが来たぞ〜!逃げろ〜!!」という訓練と、
「ほっけが来たぞ〜!つかまえろ〜!!」という訓練を
毎朝行う感じ。

なんだよ、感じって。
村のかた、リアルにすみません。
ファンタジーです。


別日、食事つき打ち合わせの席にて、
卓に出現した貝。


「ほほう〜、キミはなかなか素敵に巻いているね〜」と
語りかけつつ、何枚も撮影されている監督の図。
隣ではアン様が武器を携え、隙を見ては逃げ出そうとする
貝の中身をけん制している。
見事なコンビネーションに、心洗われる。

さらに別日。

久しぶりにお会いしたM記者は、
久しぶりであるがために旧知の仲間達から全力で歓迎され、
天使顔を披露して下さるハメに。
上方に映りこんでいるのはM記者のスタンドでも守護霊でもなく、
負けじと天使顔を披露して下さっている風神である。
心ジャブジャブに洗われる。

行く先々で心洗われているうちに、
早くも水曜日が到来しましたですね。

もちろん今宵も、みっちりとお店番させて頂きます。
夏の曲でもガンガンに並べてみましょうかと。


ドクターきょーこの手術により、見事に現場復帰せしスラ。
皆に先っちょをグニグニ愛され、ついには断裂という惨状を
ていしておりましたが、このたび無事退院しました。
いちだんと迫力を増しております。
「ボクも待ってるスラ〜」。

よろしかったら、ぜひに。
楽しみにお待ち申し上げます。

追記)
とどほっけ村、2004年に無くなってしまったのですよと
村情報のエキスパートS氏から先ほど連絡を頂戴しました。
函館市に編入されてしまったそうです。
行けなくなってしまいました。
村長にも、お遭いできんわけで。
訓練に参加して、いいとこ見せようと思ってたのに。

・・・・せつない。
短い恋だったぜ。
ロケンロー。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mikiya-kagurazaka.com/trackback/991855
この記事に対するトラックバック