さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まだ見ぬ村長に恋をしてみる | main | 濃密だった。 >>

劇団、、いやサーカス団か。遠征編。

御大とプリプロな日々。
なんとロップスのメンバーが5日間連続して顔を合わせるという、
なんともマレな週であり。

御大のフリスクケースはキラキラしていることが判明したり。

挙式前日に赤い店へ登場した新郎新婦は、
シロウさんプロデュースのエンゲージリングを・・・
大胆にもその場にて試装。

試着してみたところで式前日である。
サイズがナニしたとしても、いかんともしがたい。
が、きちんと交換の練習までやりとげるところがロックな二人だ。
お二人があえて選んだ背景がまた素敵。
ホッパーさんがホッパーさん式に最大級の祝福をされている。


いいねえ〜。
幸あれと。
間違いない。
なんと素敵なのだろう。

翌日。
リアル挙式にご招待頂く。
ディズニーランドに隣接する、超ファンタジーなホテル。
天井がスペシャルに高い。というか、天井までガッツリ吹き抜け。
海が見える。シンデレラ城も見える。
そげな完成された空間で・・・・

・・・最も異彩をはなっていたご夫婦。
私の大切な相方風神に似ている気もする。

セピア調にしてみると、

完全に「大陸浪人」あるいは「上海租界」といった風情になる。
大丈夫なのだろうか、あんちゃんの挙式は。


まったくに大丈夫であった。
素晴らしい結婚式、披露宴でありました。
おめでとう!あん様、おどる様。


西洋の食物と真摯に渡り合っている大陸浪人の図。


高砂に乱入し、会場中の注目を集めている浪人の図。
ボトルの持ち方、注ぎ方は、やはりただ者ではない。
この点、ホテルマンの方々からの注目をも集めてしまうあたり、
さすがとしか言い様がない。

そして二次会。
会場は同じくスーパーファンタジーなホテルの大宴会場。
新郎新婦のサービス精神およびエンターテインメント魂が炸裂。
会場に入った瞬間から、新婦叔父様のバンドが演奏していらっしゃる。
これがまた並外れて上手い。

もちろん、新郎新婦による歌も。
泣く。私が。
こういうのに、しこたま弱いのである。
歌は心だね。

パーティには坂軍団の列強がご参加されており、
広大な会場のそこかしこで、

お料理をサーブするための巨大なトングを
バッチンバッチン打ち鳴らし、演奏に協力する監督のお姿や、


あのミッキーなんとかってやつをよ〜、今夜中にアレして
アソコへ売ってもうたらナンボや?
といった怪しげな商談を行なう、不穏な二人組の御姿等が
散見される。

なにかのタイミングで、そういった方々のごく一部が
ひとつのテーブルに集合すると、こうなる。

いいのか。
もはや宴の主旨があやふやになっているのではないか。
周囲からは、
「なに?劇団の人たち?」
「いや、サーカスじゃね。あ、そういえば見たことあるよ、
あのダリ髭の人。熊を自転車に乗せてた」
的な会話が漏れ聞こえる。
ご迷惑をかけているのではと不安を覚え、
確認を取るべく新郎新婦の姿を探す。
と、

新郎はステージでツイストを踊っていた。

ドラムを叩いているのは、KAI氏ではあるまいか。
レアである。

新郎はツイストを踊っていた。新婦の隣で。
新郎はツイストを激しく踊っていた。
ディズニーランドの至近で。
新郎は(以下同文)。

たにぐっさんから、もったいなくも実に高級なギターをお借りして、

ロップスも演奏させて頂きませり。
礼服でシャンデリアでロケンロー。
貴重な体験でありました。


盛り上がってくださった皆様ありがとう。
でもね、素敵なスーツでモッシュは、どうかとも思ふよ。
ドレス姿の新婦がモッシュの渦に揉まれている光景、
おじさんは初めて見たよ。


新婦のお父様とロップス。
お父様、私と同じ歳であります。
きっと30年前あたりに、どこかでお会いしているに
違いなく。
千葉のロケンローと多摩のロケンローの邂逅。
監督、新郎新婦、暴れドラマーの視線が、
多くを物語っております。

そして二次会のクライマックスで執り行われたのが、

監督大司教による荘厳な儀式。
「首輪の交換」
これ、凄かったです。
新郎と新婦がそれぞれに首輪を交換装着し、
誓いの言葉を述べた後、大司教が互いの首輪を太い鎖で繋ぐという。
天才だわ。やっぱ。
というか、それを受け入れる新郎新婦、
ご親族一同の度量の広さが本当に素敵であります。

素晴らしい式でした。
素敵な一日でした。
あんちゃん、おどるさん、どうか末永くお幸せに。
おめでとう!!

というわけで、新郎新婦は新婚ツアーに旅立ちました。
でもって、今宵は水曜。
幸せの余韻に浸りつつ、ブワーっと、赤い店にてひとつ。
ご来店、楽しみにお待ち申し上げます。

- | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

ann様&odoru様
おかえりなさいませ!!
いやあ、素敵なお式とパーティでしたね〜。
お招き頂き、本当にありがとうございました。
ハネムーンのお土産話も、すごく楽しみにしております。
現地の写真も、どうか見せて下さいませ。
赤い店に展示スペースを開けて、お待ちしておりますぜ。

さて。いよいよ本格的に夫婦(めおと)ですね。
夫婦坂ですね。(意味不)
いろいろなことがあるでしょうけれども、
二人ならきっと万事オーライでありましょう。
ann様の花嫁姿を拝むという、私の夢はかなったので、
今度は、お二人のベイビー、
あわよくばさらにそのベイビー(お孫様ですな)を
拝むというあたりに、私の夢をシフトしたいと思うしだいです。
どうかお幸せに!!
wang | 2011/06/20 1:40 AM
新婚ツアーよりただいま帰還いたしました!
みなさん本当にありがとうございました。
大好きなみなさまに囲まれた人生の門出、
ほんとうに幸せでした。
これからも末永くよろしくおねがいします。

おみやげ、もっていきますね^^

hajime様、隊長様
ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!

ann&odoru
ann&odoru | 2011/06/20 1:01 AM
隊長様 いつもお世話になります。
ご祝辞ありがとうございます。
実に素晴らしい式でありました。
租界系なメンツが多かったことは、まあご愛嬌ということで。
新婦様のお父上は、私たちと同い歳でしたぜ。
柔らかなショックを受けました。

加えまして、「租界」お笑い頂き、汗顔至極であります。
今後とも、どうかよろしくお願い申し上げます。
wang | 2011/06/16 9:54 AM
hajime様 調子はいかがですか?
仙台に、日常は戻られましたでしょうか。
坂は、あいがわらずの毎日であります。
ご祝辞ありがとうございます。
ご両人へ、その旨お伝えさせて頂きます。
そして7月のライブ、ご一緒させて頂くこと、
今から楽しみでなりません。
当日は、どうかよろしくお願い申し上げます。
wang | 2011/06/16 9:47 AM
これは爆笑しました(^o^) 上海租界って...
本当に良い結婚式だったようですね
ご両家におかれましては、おめでとうございます 末永く...
隊長 | 2011/06/16 6:00 AM
坂 恐る可し
御両人オメデートウ
hajime | 2011/06/15 9:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mikiya-kagurazaka.com/trackback/991857
この記事に対するトラックバック