さかさかば 改め「日々是雷」徒然編

神楽坂風雷結社/[雷]担当ワンの日々。
言いわけは、口ごたえ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨の夜、霧の昼。 | main | Wild sideなのか >>

多重

家ではボンタン型のジャージ(黒)をはきます。
郵便局とかコンビニへ出向く際には寒いし面倒なので、
ジャージの上からジーンズをはきます。
非常にモコモコしますが、これが12歳の冬から続く
俺式の伝統なもので、いた仕方なしです。
そんなイデタチで外出している際、予期せぬ方と遭遇し、
街頭で立ち話をするなどという局面を迎えると、
実にそわそわした気持ちになります。
モコモコでそわそわしているワケです。
「うん、そうだね〜。
今年の巨人はきっとアレだね〜(オレ、今Gパンの下に
ジャージはいちゃってますけども)」
とか、
「あ。そうなんですか。
それは災難でしたですね〜(ボク、今Gパンの下に〈以下同文〉)」
といったフィーリングです。
春ですね。
重ねばきのシーズンもそろそろ終わりです。

いやしかし一昨日17日(土)は、すごかったですね。
実に華やかでしたね、画伯が。
実にエアリーな髪形でしたね、K右さんが。
ご結婚おめでとうございます。
素敵なパーティにお招き頂き、本当にありがとうございました。

会場にほど近いゼロは、当日の宴へご出演される三線バンド
「マッスルブラザース」様のリハおよびメイク会場と化し。

開店直後から店内に響き渡る三線の調べ。
加えて沖縄流の指笛。
呼び名が分からない、指の間に挟んでカチャ!カチャ!
って鳴らす板。
実に風雅であり。
三線、生で聴くと胸に響きますね〜。

そして「マッスルブラザーズ」のフロントマン・・・

・・・ミスターマッスル。
グラム風というか特撮フレーバーというか、
衣装がとっても素敵。
太鼓を打ち鳴らしつつ、ゼロの店内で舞い踊る。
堪能させて頂きました。

ブラザーズの本番は拝見できなかったのですが、
ダイちゃんにお店番を交代して頂き、
不肖、私も深い時間帯に会場へお邪魔させて頂きました。
ぼっちゃんカボちゃさんの直後に唄うという重責。
天使の歌声&お洒落なリズムの後は、マジ緊張するわけで。

こうへーさんのジャンベと合わせ、1曲。

こうへーさん、写真映りが独特だな〜。(うそ)

えと、ご質問頂戴した皆様、アレはロップスの新曲ではなくて、
キヨシローさんのこの曲のロップス風味でありました。
http://www.youtube.com/watch?v=WfMd_O_BCEg
心をこめて。

そしてなんと、よこやま先生のフルートと合わせて1曲。

先生、ありがとうございました。
だみ声とフルートのタッグマッチ、貴重な経験をさせて頂きました。
またぜひ。

K右さん、画伯様、本当におめでとうございます。
末永くお幸せに。
スペシャルに楽しいパーティーでした。

後、ギターをゼロへ預け、一路ザギンへ。
そのスジから入手されたという、

うわ。


うわわ。
・・・を、拝見しに。

中身は薩摩焼酎とのこと。
こちらをベースとして、
「緊急逮捕」、「発砲許可」、「交通整理」他、
とてもここには書けない名前のオリジナルカクテルを
開発中の・・・

・・・キューバの老人。
チャレンジャーであります。
私は責任持てません。

後、さらに坂へ戻り、深酒。
幸福の余韻漂うゼロで、桃源郷へ。
メタ素敵な男装(髭付き)のb様や、
ゴスイベントでドラムを叩いたまま
メイクが落ちきっていないシリイさん、
ごきげんえみちょ。さん、宮崎マサヨシさん、
ハイパーむーにゃん、こうへーさん、
せっきー&あんちゃん達と朝遅くまで。

ものすんごく楽しかったです。
笑い過ぎて、腹と肝臓がまだ痛いです。
皆様、マジでありがとうございました。

--
でもって今週のゼロは、
月・木・金がダイちゃんナイト。
火・水・土がワン。
日曜がお休み。

そげな感じでブワーっといかせて頂こうかと。

まだまだパーティの余韻(具体的にいうと、
新郎新婦がお忘れになった装飾品類)が、
がっつり残る赤い店にて、ぜひ一献。

ご来場楽しみにお待ち申し上げております。


- | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

のらBO様 いつもありがとうございます。
睡眠は、とても大事なのです。
どうかゆっくりとお休み下さいませ。
よき週末を。

川を渡る監督(らしきモノ)をお見かけになられたとのこと、
吉兆かと思われます。
これで来週はバッチリですぜ、きっと。
ではまた!!
wang | 2012/03/24 8:25 PM
スイマセン。あまりの眠さにギブアップ。箱に戻ることにしました。んで、タクシーに乗ってたら、先ほどコウモリみたいに川を渡る監督っぽい方を発見! 目を凝らしてダリ髭を確認しようとしましたが、あまりにも素早いチャリこなしで、不可能でした。髪をナビかせる後ろ姿は、女性にも見えたと思えば見えたのだが…ダリだったのか(苦笑)。
のらBO | 2012/03/24 7:12 PM
月月火水木金金で、仕事と酒です。昨夜は0で、さるお方(去るはずだった?)と猿談義が炎上し、kill×2 dieちゃんをびびらしてしもうたかも。またもやほぼ朝帰りとなり、新聞配達人もびびらしてしもうた。もう、いま眠くて仕方ないが、なんとかお仕事遂行中。13の0オープンまで、あと約4時間。坂ゴールを目指して、頑張るぞ♪
のらBO | 2012/03/24 5:29 PM
はやと様ちーっす!!
多摩地区では援団ジャージという呼び名で
流通していた記憶が。
世代的にも「嗚呼、花の応援団」が
売れていた頃でありまして。
今でも、これにピンヒールのサンダルを履けば、
あっという間に16歳です。うふふ。

身辺、早く落ち着かれることをお祈り申し上げております。
ではまた!
wang | 2012/03/21 3:29 PM
おー!そのジャージボキの近所では「ボンジャン」千葉では「援団ジャージ」とローカルネームがあると解ったのは高校生の時でした。ボキは土曜日お仕事に励みました^^色々と身辺がナニなので落ち着いたら暴れさせてください^^
はやと | 2012/03/20 9:11 PM
b様 いつもお世話になります。
おつかれさまでした〜。
浅めの夜にb様ドレス姿を拝見し、
深めの夜にb様男装姿を拝見するという、
実に眼福な週末でありました。
次回は女装男子とのカップリングですか。
今からすんげえ楽しみです。
また飲みましょうぜ!!
wang | 2012/03/20 3:17 PM
乙カレー様でしたー
桜田門、素敵ですwww
先日はあの扮装でえみちょ。と
イチャこいたので、
次は女装男子とのカップリングで
ワルプルギスにイキたいところです。笑。
b様 | 2012/03/19 10:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mikiya-kagurazaka.com/trackback/991909
この記事に対するトラックバック